あやしい日本語

私、「いっしょうけんめい」って言葉、良く使ってたんです。

例)いっしょうけんめい頑張る。
   いっしょうけんめい走る。  などなど

でね、このブログを書くようになってから気になったんだけど、うちのパソコンさん、「いっしょうけんめい」で変換すると、最初に出てくるのが

「一生県名」なんです。
それも「いっしょう」と「けんめい」とが別々になってるのよね。

私としては「いっしょうけんめい」って「一生懸命」だとあたりまえに思っていたわけで、その字が出て来ない事にちょっと不安を感じましてね。
試しに「いっしょけんめい」で変換してみると「一所懸命」と一度で出るんです。

でも「いっしょうけんめい」とは言っても「いっしょけんめい」っていうイメージがなくって、びみょ~におかしいな~ってしばらく思ってはいたものの最近「一所懸命」を使ってみたりしていました。

で、このまま変な言葉を使い続けるのも変なんで、家の国語辞典で調べてみました!

『一所懸命』・・・昔、ただ一箇所の領地を頼りにして生活した事。→一生懸命
『一生懸命』・・・(正しくは一所懸命)命がけで仕事をすること。

となってたんです。
これって、正しくは「一所懸命」だけど、「一生懸命」でも良いってことなのかしらね?

やはり日本語は奥が深いな~とつくづく思ったのでした。。。

はなちゃんはあかちゃんの頃からいつでも一所懸命。
a0038882_9555392.jpg

お姉ちゃんのディアナちゃんと遊ぶ時も、一所懸命だったね!
いつも小さな体全身で対決してたっけ(笑
こんな形相でプロレスごっこをしてるくせに、くっついて眠ったりして、本当に仲良しだったのよ!

by gootaratsuma | 2006-10-26 10:01 | ぐうたら