投げ込み

ここ4日位、はなちゃんの散歩時に投げ込みをしています。

私の花屋友達が12日に念願の自分の花屋をオープンするんです。
といっても実家の敷地に小さなプレハブ小屋を建てただけのもの。

彼女は私と一緒に働いている時から、と~ってもまじめで働き者、口が悪いのがちょっと難点。
その頃から、自分で花屋をやるのが夢で、一生懸命お金を貯めていたんです。

私が花屋を辞めてから、彼女は結婚し、子供を産み、一年半で離婚、っと結構めまぐるしい生活をしていたのですが、ようやく落ち着きお店をオープンするに至った訳です。

このご時世、何処の花屋も経営は厳しく近所でもつぶれる花屋がちらほら。
大丈夫なんだろうか?と花屋友達とみんなで相談に乗ったりしたんだけど、決意は固く、それならできる限りお手伝いをしましょう!って事になりました。

それで手始めがこの投げ込み。

花屋ができるのが、うちから歩いて15分ほどなので、はなちゃんの散歩コースがお客さんになってくれる可能性が高いというので、たくさん擦ったチラシをポストに投げ入れております。

これが結構大変なのね~。
道路をあっちに行ったりこっちに行ったり、はなちゃんも頑張ってチョコチョコ付いて来てくれます。
a0038882_9361124.jpg
全然知らない場所なら良いけど、結構私の顔を知ってる方もいるので、かなり気を使います。

昼間の暖かい時間帯に出かけるので、外で庭弄りをしている方々も結構いるんです。
そうすると、ちょっと大変。

「こんにちは~!チラシ入れさせてもらっても良いですか~?」
から始まって、「今度○○に花屋が出きるんですよ!友達がやるんで、近くを通ったら覗いてやってくださいね~!」と。

結構私が花屋で勤めていた事を知っている人も少なくないので、「ねぇ、これどうしたら良いの?」とか聞いてくる人も居るんですよ。
もちろん丁寧に説明し、「このチラシの花屋の子も、と~っても詳しいから、聞くといろいろ教えてくれるわよ~!」とすかさず宣伝。

はなちゃんも可愛い?セーターを着せているので、見かけた人が「かわいい~!」って声を掛けてくれるので、話ながらチラシを配る。
なかなかはなちゃんも役に立ってるのよ!

そんなこんなで、ここ4日位はお散歩が先に進まないんだけど、これも今日で終わりそう。
少しでもそのチラシを見て「行って見ようかな~」って思ってくれる人が居てくれたら良いな~!

そして、結構厳しいと思うんだけど、早くお店が軌道に乗って、ちゃんとしたお店を開けるようになってくれると良いな~って思っています。

by gootaratsuma | 2005-12-08 09:38 | ぐうたら