地震

昨日は本当に大きな地震でした。

テレビのニュースで被害の状況を見て、自然の恐ろしさに体から力が抜ける思いです。
とにかく被災している地域の皆様が一日も早く、救助され、平常の生活に戻れることを願っています。

私はと言うと、昨日友達2人と2度目のコスト〇ツアーに出かけ、いろいろな物を大量に買い込み、戦利品をシェアするので仕分けするために我が家に寄り、まずは一服っとコーヒーを飲み始めた時に地震が起きました。

最初はいつもの地震だろうと思っていて、「はなちゃんって地震でも大丈夫なんだね~」って話しながらいたのに、一向に収まる気配もなく、徐々に大きくなる地震。

とりあえずテレビを付けた物の、「まじ、やばいかも!」って気分になり、すぐにはなちゃんを呼び寄せはなちゃんを抱き、家の中心の柱付近にしゃがみ込む私。

友達の一人はリビングの机の下に、一人ははきだしの窓を開け、庭へ。

我が家は高くて倒れそうな家具は台所の冷蔵庫と食器棚、はなちゃんの部屋のスチールラック位なので、常々とにかく台所に入らなければ大丈夫だろうと思っていたんです。

とても長い揺れで、どんどん大きくなるにつれて台所でガチャンガチャンと食器の割れる音が。。。
リビングのテーブルの上にあった、入れたばかりのコーヒーがこぼれまくり。

中途半端に動いても危ないだけなので、揺れが落ち着くまで、はなちゃんを抱えたままそのままの場所にいました。

あまりに揺れが長かったので、揺れが落ち着いても、大きく揺れているような、気のせいなような感じが続き、しばらく震えて立ち上がれませんでしたよ。。。

地震がおさまると、とにかく自分の家が気になるだろうから、うちはそのままで大丈夫だからっと、
余震に気を付けて帰るようにっと、車で10分ほどで帰れる友達をまず送り出しました。

それから恐る恐る台所を覗くと、ひどい有様に!!!
a0038882_1034518.jpg
すぐにでも片付けたかったのですが余震が来るのも怖いし、ダーリンにもこの惨状を見せねば、っと思いまずは撮影。

落ち着いて撮影したつもりが、写真ブレブレでこれ一枚しかまともなのが無かったの。
やはりかなり動揺していたのね。。。

このほかの被害は台所の奥の方にある突っ張り棒式の簡易棚がハズれ、割れたりはしていないものの、調味料やオイルポットが床に散乱。。。(=少量ではあるものの油が床に飛び散ってるってことで。。。

洗面所の細長い物入れの上に使わなくなった古い体重計が置いてあったのですが、それが揺れで落ちた時に当たったようで、洗面台の電気のカバーが割れていました。。。

後は家具が少し動いていたのと、納戸の荷物が棚から少し落ちていた程度。
なので、被害と言ったら、食器のみですかね。

もともとうちの食器類は安定が悪いのと、洋食器のように重ならないので食器棚に無理やり詰め込んで合ったので、揺れで扉が開き、手前の方に置いてあった軽いグラス類が落ちて割れたようです。

危険なのではなちゃんをハウスに入れ、手足を切らないようにスリッパを履き、厚手のゴム手袋を付け、余震の際にはすぐに台所から避難できるように、逃げ道を確保してから片付け開始です。

大きい割れ物はトングで挟んで取り新聞紙でくるみ、残りはみんな掃除機で吸い込んじゃいましたよ。

残骸から察するに、割れた物はワイングラス3個、小さなサクランボグラス2個、蓋つき茶碗蒸し入れ1つ、お客さん用湯呑1つ、私手作りの小皿2つでした。

割れたのは悲しいけど、全然高い物も使っていないし、これで新しいのを仕入れられるし、とにかくこんな程度の被害で済んで本当に良かったと思いました。

もう少し食器の入れ方を考えないといけませんね。

電気水は止まる事が無かったのですが、ガスは少しの間で無かったです。

その後も何度か大きな余震がある度にはなちゃんを呼び寄せ、抱いて地震をやり過ごす事が続いたので、少しでも揺れ出すとはなちゃんは私をじっと見つめ、私の指示を待つ程になりました。

それでも今日はさほど大きな揺れはないので、我関せずで寝てる事が多くなりましたが。

そしてうちの窓から見える隣のお宅が古い木造の瓦屋根の家なのですが、屋根がこんなんなっててびっくり!
a0038882_10584758.jpg

このお宅はちょうど建て替えで新しい家を作っているから、大して問題にはならないんだろうけど、近所にもこういう状態になっている家が何軒もありました。

うちは瓦屋根じゃないので、そういう問題はありません。

ダーリンとは比較的早めに連絡が取れ、無事が確認できたので一安心。
5時過ぎに「電車が止まっているから、迎えに来て」というので、いつもなら30分もかからずに行ける距離を渋滞で1時間30分ほど掛けてようやく職場に着いたら、「職場待機になってしまった」と。。。

その職場の管理者なので一人で残って電話連絡を待っている状態なので、食べる物も無いけど買いにもいけないというので、はなちゃんを預けコンビニでカップめんを買い込み。(おにぎりとかパンは全くなかった)
職場で一緒に夕飯を食べ、少し私も待っていたのですが、何時になるか分からないという事で、一度はなちゃんと家に戻り、お風呂に入ったりして待機。

実家とも姉とも連絡が取れ、まったく被害は無いと言うので一安心。

11時過ぎにようやく帰れるとダーリンから電話が来たので、またお迎えに行きましたが、もう時間も遅かったのですんなり行って帰ってこられました。


うちの辺りで震度5強だったようですが、それでもあれだけパニックになり、本当に怖い思いをした私。
それが6や7となったらどんだけ強烈なんだろうか、想像もしたくない。
それに加え津波なんて。。。

まだまだ沢山の人が寒い中怖い思いをしているのかと思うと胸が痛いです。
一人でも多くの人が少しでも早く救出されることを願っています。

by gootaratsuma | 2011-03-12 11:13 | ぐうたら